Follow by Email

Tuesday, 10 November 2015

子連れバルセロナ旅行記 - ゴシック地区、ボケリア市場

バルセロナ3日目の朝はゴシック地区を通って有名なボケリア市場へ行って来ました。



ゴシック地区はバルセロナの旧市街地でこんな情緒溢れる通りがたくさん



美術館のコートヤードも緑が多くてステキ


レトロなお店もたくさんあって


有名なカテドラルも無料だからちょっとのぞいてみたり
11月の頭気温は20度越え、あまり暑くならないイギリスに住んでいるとこれは夏日でこんな時期に半袖で歩けるなんて得した気分。
この辺りはどこをとっても絵になる様な景色ばかりで散歩しているだけで楽しいです

色々寄り道しながらバルセロナの大きな通りランブラス 通りへ
男の人がマリリンに成り済ました大人の博物館の向いに目的地のボケリア市場が

とっても混んでいてでフェスみたい
子連れの場合プラムよりもスリングの方がおすすめですがうちらはプラムで行ってニコに人が当たりそうになったりしてちょっとヒヤヒヤでした。




野菜、肉、総菜、フルーツ、フレッシュジュースなどがたくさん売られていてガイドブックに載る様な有名なタパスバーもあった。
カウンターのみで超混んでいたので子連れにはちょっと無理かな。
ちなみにフレッシュジュースが有名と言う事でマンゴーとココナッツのを飲んだあまり美味しくなかった。
キウイとかオレンジとか絶対的な物にしておけば良かった。


人が多く市場でご飯は食べられないと思ったので市場で買って外の広場で食べる事に。
私たちはそこで待っているので主人にランチ用に海老の素揚げみたいなやつを食べている人がいたのでそれを買ってきてとお願いしたらアンチョビフライを買ってきた。シュリンプと言ったらこれが出てきて持ってくる間これが海老か魚か疑わなかったらしい。ニコと私ちょっと呆然。(面白かったので良いけど)

広場はあまりきれいな所ではなくタバコの吸い殻とかめっちゃいっぱい落ちててニコを遊ばせるのもちょっと気が引ける感じでした。
お友達からは朝ご飯に市場はおすすめだよ、と言われていたけど子連れだとあまりおすすめではないかな?と言う感じでした。

市場の裏に図書館があってそのコートヤードがありそこは割ときれいでかわいいカフェもあるので子供を走らせても安心。ニコはカフェの階段を30分ほど上ったり下りたりしてました。


カナダ人のお友達がバルセロナでこの辺りに住んでいるのだけど家賃はすごーく安くってみんなドッジーって思ってるけど住んでみるとそこまで治安は悪くはないし、インターナショナルで学生が多く、安めのブティックもいっぱいオープンしていると言っていたので子連れでない場合はこの辺り散策するのも楽しいのかな?

ところでバルセロナの& other storiesでステキなコートを見つけたのでショップの方でも紹介しています。もし良かったらチェックしてみてくださいね!


それではまた!











No comments:

Post a Comment