Follow by Email

Sunday, 14 September 2014

YESキャンペーン、スコットランド独立なるか?

9月18日、スコットランドでは英国からの独立を賭けた住民投票が行われます。

ここ数ヶ月スコットランド各地でYESキャンペーンと言う独立を支持する運動が行われていて、YES派、No Thanks派に別れています。

個人的に独立後のインフレやポンドの使用など心配な事もあるけれどどちらかと言うとYES派です。

300年以上に渡ってイギリスに属してきたスコットランド。
ウィスキー、観光産業、そして油田でのオイルなどから出る税金で英国に納めている額が1人あたりに付きイングランド人よりも多く納めているスコットランド人。
それなのににイギリス(ウェストミンスターの人たち)が税金をかける所と言ったらロンドンの発展ばかり。
そんなお金の使い方より、スコットランドの為の政治をしたい!と言う事で独立へ向けた運動が行われています。

YES派の人たちはスコットランドの油田の税金を自分たちの為に使えればスコットランドもノルウェーの様になれる!と言っています。
そんなに単純には行かないと思うけど、ロンドンの発展の為ばかりに使われるのであればそれをスコットランドで管理し、今のまま大学まで授業料はただだったり(イングランド人は既に大学は有料になっています)他のベネフィットを増やしてもらえたら、と思う。

そして私がYESの1番の理由はイギリスの保持する核兵器がグラスゴー郊外の街に保管されていて、独立した場合は核兵器はイングランドで保管される様になると言う事。

日本も原発など地方に作るのと同じでロンドンに置いておくと何かあった時にあまりにも多くの人に影響が出ると言う単純な理由からスコットランドに置いておこうと言う事になったのです。
もちろん大都市の近くで保管出来ないと言う事は分かるけどあまりにも勝手な考え方だ。
特に福島の原発事故以来この事が気になっていて、子供をこういう物の近くで育てたくないな、と思うのです。

こういう例が他にもたくさんあって今回独立運動、YESキャンペーンが行われるようになりました。今日の新聞でYES派は54%、No Thanks46%。

ギリギリになって大手企業が独立すれば運輸代金にお金がかかるから物価も上昇する、などと脅しをかけてきてるけど、スコットランド人のマーケットを無くして彼らは大丈夫なのだろうか?

どちらにせよあと数日で投票です。どうなるかな?ワンコもYESを支持していたよ。


SMAPのYES WE AREをキャンペーンソングにしたらピッタリなのにな、と思ってニコに動画を見せたら一生懸命見てた。

このおちびちゃんが大きくなった時には福祉がしっかりしてもっと住みやすい国になってくれたら良いなと思います。

ところでスコットランドネタにちなんで今日はタータンチェック柄のスカーフを紹介。

真っ赤なスコティッシュタータン。


実は裏が千鳥格子柄。


1枚で2通り楽しめます。
大きめサイズなのでソファーでくつろぐ時に羽織ったりするのにも便利です。

タータン好きはお見逃し無く。

それではまた!






No comments:

Post a Comment