Follow by Email

Thursday, 30 April 2015

グラスゴーへようこそ

音楽、カルチャーマガジンNeroの編集長、井上由紀子さんがグラスゴーへベルセバのスチュアートマードックの映画、初監督作品God Help the Girlについてインタビューをする為にグラスゴーに来ていました!

通訳のれいなちゃんも一緒に。

音楽好きな人なら知っている人もいるかもしれないけど由紀子さんは学生時代にコーネリアスの小山田くんとロリポップソニック、フリッパーズギターの初期メンバーでその後音楽ライターとして活躍している方。

まだ私が東京に住んでいた頃に当時のボーイフレンドに紹介してもらったのがきっかけですが、超久しぶりの再会にドキドキ。

ニコも一緒に記念撮影。

この後旦那さんにニコを預けて3人でプロセッコタイム!
由紀子さんとは好きなバンドがかなりかぶっているので音楽話、東京の知り合いの話、色んな恋バナを聞いたりしてかなり盛り上がった夜。

とにかく彼女は好きな物に対してのこだわりが強い。
彼女のそう言う話をたくさん聞いていて、とても刺激になったし大切な物を思い出させてくれた。


これはNeroの2作目ですが、なんと表紙にはビートルズのRevolverで有名なクラウスファアマンが描いたPhoenix.
この依頼にドイツのミュンヘンに行く際一緒にと、お誘いを頂いたのだけどちょうど試験期間かなにかと重なって行けなかったのだ。

本当残念だったけど今回グラスゴーで会えたのは本当に嬉しかった。
他のアーティストとも会っていて(その名前を出していいのか分からないので伏せておきます)ロンドン、ニューヨーク、パリで取材続行。
話を聞いているだけで超ワクワク、次号もステキな物になる事間違い無し!

お洋服のブランドともコラボしていて伊勢丹でイベントを行ったりしていて音楽、カルチャー、アートを楽しめる雑誌。
もしまだ読んだ事の無い方はこちらの方より購入してみてくださいね!




最後にスチュワートによるGod Help the Girlの予告編を。


この映画ではグラスゴーの色んな場所が見られます。
私のブログで登場している所も色々出ているんだ。

97年に初めてグラスゴーに来た時ってこんな感じだったかなー?なんて思います。

青春な感じですが彼にも子供がいて最近はライブなどではなく子供のお歌のクラスやイベントごとで会う方が多くてちょっと変な感じです。

それではまた!

No comments:

Post a Comment